綾戸智恵さんの介護生活

kaigo_kurumaisu_obaasan綾戸智恵さんの10年以上にわたる、お母さんの介護の記事を読みました。
シニア介護過酷さを知りました。

綾戸智恵「母に『一緒に死のう』と…」介護生活10年間を告白

何年も前から、綾戸智恵さんがテレビにあまり出ないなぁ~って思っていました。何かのきっかけで、介護でお休みされていたことを知りました。

ここ数年は、大人用オムツのCMに出られてて、環境が変わられたのかなぁ~と思っていました。

このブログを立ち上げ、綾戸智恵さんのことを改めて知りたくなって調べました。

綾戸智恵さんは、2004年に脳梗塞で倒れ、のちに認知症となったお母さんを、10年以上介護されています。

息子さんの参観日にも行けないほどの、介護に追われた毎日。
自分の時間も全然持てず。

母がこのまま死んでくれたら幸せやろうな

と思われたこともあるそうです。

病床のお母さんに

一緒に死のうか

と言ったとき、その時の答えは

死のう。一緒に死のう

だったそうです。

それを聞いた綾戸さんは、

この人はゆっくりと自分で死ぬ準備をしている。
だったら、私の気の迷いで殺すことはない

と思われたそうです。

それから介護への考え方が変わったそうです。

自分のできることをする
ひとりで抱え込まず、借りられる手はすべて借りる

綾戸さんだけではなく、同じ考えをお持ちの方は多いと思います。
私はまだ介護は未経験ですが、育児ですらギブアップ寸前でしたから。

不安が多いです。
自分がどこまで、できるのか。
助けを呼べるほどの家計に余裕はあるのか。

メディアの前で、正直な気持ちを話してくださった綾戸さん。

同じ気持ちで介護されている多くの方々のお力になっていると思います。



■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする