【シニア 終活】人の死は一度だけではありません

今夜放送のあったTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にて。zazen_obousan

永六輔さんの名言特集がありました。

先日、古舘伊知郎さんが出演された際には、

永六輔さんのこんな言葉をご紹介されていました。

人の死は一度だけではありません

最初の死は、医学的に死亡診断書を書かれたとき。
でも、死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続けている。
最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。
そう僕は思っています。

この言葉、高校生の時に国語の先生から聞いたことがありました。

当時、永六輔さんの言葉だとは知りませんでした。

この話を初めて聞いたとき、家に帰ってから

じーちゃん、私、ちゃんと覚えてるよ、ずっと覚えてるよ

って、何度も何度も心の中で繰り返していたのを覚えています。

祖母が亡くなった時も、

ばーちゃん、私、ずっと忘れないからね。大丈夫だよ

葬儀の間、ずっと心の中でつぶやいていました。

だから、私が生きている間は、祖父も祖母も生きています。

そして、祖父と祖母の話を息子に何度もしているので、

きっと私が死んでも、息子が覚えてくれているはずです。

語り継いでいけば、2度目の死は訪れないのです。


■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする