シニア 住宅

先日27日に、朝日放送の「大改造!!劇的ビフォーアフター」がpf298100632d085c3b3cd3a5182f39eb9_s
最終回を迎えちゃいましたよね。

なぜ、番組が終わっちゃうの?って表向きの理由は

東日本大震災東京五輪などの建設工事の影響から、
番組内の工期が遅れるなどレギュラー放送が困難になった」

ということらしいです。

でも、裏の理由もあるらしく、

「依頼主のご依頼と違った工事をしていたり、間違った工事をして裁判になったり
お仕事をしていただいた建設会社に費用を払わなかったり・・・」
通常の高額な工事費用に加えて、これらの損害賠償なんかが加わって
金銭的に続けられなかったみたいです。

で、最終回!とっても楽しみにしていたのですが、

いつも通りの淡々とした感じで、番組は進行し、何事もなかったかのように終了。

最終回スペシャルを準備する間もなく、
突然の最終回の決定だったんだろうなぁ~って思いました。

普通では考えられない収納とか、
メカニックに変化する家の構造とか・・・好きだったんですけど。
ほんと、残念です。
これからは、特番で楽しむことにします。

「大改造!!劇的ビフォーアフター」でも、よく取り上げられていたのが

シニア世代が快適に暮らせる住宅にして欲しい」

でしたよね。

恐ろしく急な階段とか、ありえない段差とか、
震えがとまらない寒いお風呂とか、行きにくいトイレとか。

若いときはなんとか住めた家でも、
年を取って、体が思うように動かなくなる前に
一度、家の中を見直しておく必要がありますよね。

【リフォーム計画】
■必須(*^▽^*)
手すり(廊下・トイレ・お風呂 等)
・階段の滑り止め
段差の解消
足元灯
電源コードの整理
・カーペット・マットの固定・整理
・玄関・通路の障害物の取り除き
車いすが通れるように、つまづかないように)

■余裕があれば(*^-^*)
出入り口幅の見直し(玄関・トイレ・お風呂 等)
寝室環境の準備
 介護用ベッドの検討
寝室の近くにトイレ、または簡易トイレを置くスペース
浴室設計
介護しやすい、されやすい浴室設計
床暖房浴室暖房
耐震性の確保

ちょっとしたことが事故につながりますから、
シニア初期の元気なうちに、コツコツと住宅改善をしておくと安心ですね♪

リフォーム ホームプロ

■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする