私、泥棒に入られたことがあります。シニアの皆様、安全は万全ですか?

私は、20歳の時社宅で一人暮らしをしていました。

社宅と言っても、普通のワンルームマンションです。

同じマンションには、同じ会社の人しか住んでいません。

社会人2年目のある日、残業をして家に帰ると部屋の明かりが点いていました。

「あれ?電気つけっぱなしで、出かけたのかなぁ?」

と、部屋に入ると、窓がコンクリートで割られて部屋中荒らされていました

pe484de43605037cf5dfcab0cce7ba61a_s

警察は来てくれましたが、現場の状況を確認しただけ。

指紋をとったり、足形をとったりされていましたが、結局犯人は見つかりませんでした。

いいえ、警察は犯人を見つける気などないのです。こんな小さな事件。

その日は、窓のカギがないため、同じマンションの友人の部屋に泊めてもらいました。

幸い社宅だったため、次の日に別の社宅にすぐに移ることができました。

しかし、未だに家に帰って電気が点いていると、足が震えます

もう20年以上も経っているのですが・・・。

田舎の方では、鍵を開けっ放しというのが普通で、それを狙う泥棒が増えていると聞きます。

うちの実家も、最近は泥棒が増えているみたいです。

母は、早朝に門に入ろうとした男の人を発見したことがあるそうです

すぐに逃げてしまったそうなのですが、怖いですよね・・・。

それからすぐに、うちの実家の玄関のカギは上下2つに変わっていました。

窓のカギも、ダブルにしています。

今は二人とも元気なのですが、力はそんなに強くないため心配です。

これからの安全を考えると、セキュリティサービスのお世話になった方が安心な気がしています。

実家では、まだ使っていないのですが、我が家ではスマホで見られるカメラを設置しています。

スマホカメラ方角を変えて、部屋中を見ることができます
留守にするときは、カメラをつけておくと安心です。

我が家で使っているのは、3年前の古いものなので、音声が少し聞き取りにくいのですが、息子が実家の父(パソコン)と話をすることもできます

今は、性能のよいカメラがたくさん出ていますね。

カメラで見えている映像をスマホから録画できたり、不審者がいたらスマホから通報できたり。

シニアの皆様の生活にも、こうした安心をご準備されていますか?



■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする