シニア病気の危険!緑内障の検査受けてますか?

実は、私は緑内障の疑いがあるんです。

そういえば、学生のころ、なんでか眼科に通わされていたな・・・って思います。

昔から、眼圧が高かったんですね。

でも、社会人になってから、そんなことすっかり忘れて毎日を過ごしていました。

視野に欠けがありそう?

って気づいたのは、なんかの健康バラエティでの自己診断でのこと。

eye_ryokunaisyou_shkai3

病院に行くと、やや緑内障の症状があるとのこと。

定期的に検診を受けていましたが、眼圧は毎回20以上で、緑内障の点眼(眼圧を下げる点眼)を始めましょうって話になったんです。

緑内障って、基本的に治らないって聞きました。

手術もできるけど、必ず良くなるとは断言できないと言われました。

薬の点眼をはじめるということは、一生点眼し続けることになるんです。

それは困る!

ということで、別の病院で診てもらったんです。

そしたら

点眼を始めるほどの、緑内障と断定できる要素が無い

ということで、その病院にお世話になってから定期健診のみで3年以上過ごしています。

前の病院では、数か月に1度、面倒な視野の検査がありました。

どの範囲まで目が見えているか、丸いドームの中で長時間レーザービームを追いかける検査をするんです。しんどいんですよ・・・。

特殊な検査らしく、検査技師が居ない日は検査を受けられませんでした。

しかし、今の病院では視野の検査はほとんどしません。

年に数回、光干渉断層計(OCT)で検査をしてもらっています。

前の病院の視野の検査よりも安いし楽だし、助かります。

眼の奥の視神経線維層の厚みを測る検査です。これが薄いと緑内障によくないそうです。

前回の定期検査までは、問題なかったのですが、ここ数日目の痛みを感じています。

右目の黒目の右下が充血しているのも気になります。

仕事の都合で、今日病院に行こうと思ったのですがお休みでした。

土曜日に病院に行こうと思います。

普通の健康診断には、眼圧の検査は入っていません。

人間ドックだと、検査項目にあるらしいですね。

シニアの皆様は、きちんと検査されていますか?

漫画家の一条ゆかりさんも緑内障で、視野が欠けている状態でパソコンを駆使して漫画を描かれているそうです。

是非、一度自己診断でもいいので、ご自身の目に興味を持たれてください(*^-^*)



■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする