シニアの目の病気~侮れないドライアイ~

本日、朝一番から眼科に行ってきました!

年末の眼科は大賑わいですね。シニアの患者さんも大勢いらっしゃってました。

診断結果ですが

ドライアイ

でした。緑内障ではありませんでした!!

目が充血して痛みが出ているのに、1週間も放置していたことを怒られました。

放置するから、どんどん目に傷がついて痛くなるのだと。反省・・・。

病院に行っていたので、気になってきた今朝の【サタプラ】を録画しておきました。

今日のテーマは「目の老化を予防SP」でしたから。

目の老化をチェックする方法、3つ紹介されていました。

20秒チェックで分かる転倒リスク

下記動画をご覧になり、白い服を来た人が何回パスをしたか数えてください。

かわりましたか?

答えは13回です。

しかし、問題は回数じゃなかったんです。

実は、この動画には変な「違和感」があったんです。

気が付かれましたか?

このパスをしている最中に、堂々と着ぐるみを来た人が通っているんです。

ちなみに私は気が付きませんでした。

この動画を見て、着ぐるみに気が付かなかった人は

有効視野

が狭いそうです。

視野には「周辺視野」と「有効視野」があります。

・周辺視野:目を動かしたり、1点に集中していないときに認識できる周辺の範囲。
一般的に180°と言われています。

・有効視野:一点に集中しているときに、認識できる周辺の範囲。

この「有効視野」が狭いと、車の運転時に飛び出しや標識の見落としがあったり、人込みで人を避けることができず、ぶつかって転倒することがあるそうです。

30歳を超えると有効視野の範囲はグンと狭まり、65歳以上は中心しか見えていないそうです。

現在では、有効視野を鍛える方法は無いそうです。

しかし、有効視野の低下を補完できる方法はあるそうです。

動体視力」を鍛えることが有効だそうです。

・動体視力:動いている物体を視線を外さずに持続して識別する能力。

私、動体視力の能力も低いことがわかりました。

スマホのアプリで、動体視力を鍛えるアプリが出ていますよね・・・。

鍛えなければいけません・・・。

5秒チェックで目年齢がわかる!
目には年齢があるらしく、簡単にチェックできるそうです。
(視力を適切に矯正した状態での測定が必要です。)

①人差し指を目の前に出す。
②徐々に指を目から離していく。
③指の腹部分がはっきり見えたらストップ!
④目と指の間の距離が・・・

10cm・・・20歳
14cm・・・30歳←ここは微妙に15cmじゃないんですね・・・
20cm・・・40歳
35cm・・・47歳←ここは微妙に50歳じゃないんですね・・・
40cm以上・・・50歳以上

ということだそうです。

私、これは結構よかったです。10cm以上14cm以下でしたので30歳。

実年齢よりも10歳下でした♪

上記のテストでは、

ピント調整能力

がわかるそうです。

ピント調節能力が低下するポイントは

毛様体筋の疲労、疲れ目

だそうです。

上記の目年齢が、実年齢よりも上の人は要注意だそうです。

老眼だと、見えないものを一生懸命見ようとするので(⇒目が疲れる)

ピント調節能力がさらに悪化する危険性があるそうです。

また、老眼でなくてもスマホパソコンなど近くの画面を見るづけることでピント調節力は低下するそうです。

目を酷使すると神経がたかぶり、眠りが浅くなり、それが慢性的になると不眠症になるそうです。

そこで疲れ目をほぐすポイント

目線を窓の外の景色など遠くへ
肩甲骨周りの僧帽筋を腕を回してほぐす。
⇒遠くを見ながら腕を前に出して後ろへ回し伸ばす。

だそうです。

■10秒間まばたきを我慢できない人は新型ドライアイ

私は8秒でまばたきをしてしまいました・・・。

ドライアイは、目が乾くだけでなく、物が見えにくくなるリスクがあるそうです。

ドライアイとは涙が少なくなり、乾きや目に傷ができる病気です。

私の目は、この傷が多いために痛み充血が出ていたのですね。

更には、眼精疲労を悪化させ頭痛肩こりの原因にもなるそうです!!

ドライアイの原因は、主に

まばたきの減少

だそうです。

まばたきの回数が減ると、涙が蒸発してしまうそうです。

私は、仕事でもパソコンを使っているので、集中しているとき、まばたきが少なくなると自覚はあります。

computer_tsukare

ドライアイはマスクで予防できるそうです。

①マスクで鼻を覆う。
②マスクと鼻筋を少し開けておく。

だそうです。

私、昨日寝るときはマスクをつけて、あずきのチカラをしながら寝ました。
顔全体が温かくて、気持ちよく眠れました♪

では、新型ドライアイとは?

涙の量は正常なのにドライアイになること」

だそうです。

マイボーム腺開口部(目の周りのフチの部分)の穴が詰まり油分が出てこなくなると、涙が蒸発しやすくドライアイになってしまうとのことでした。

できればアイメイクで、マイボーム腺開口部を塗りつぶさないでほしい、とおっしゃっていました。

最後に、目にいい食材が紹介されました。

マグロ

だそうです。

マグロに含まれるオメガ3脂肪酸が目の疲れをとってくれるそうです。

今日、私お寿司を食べたので、疲れ取れましたかね?



■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする