渡辺謙さんにもオススメの健康法

本日のサタデープラスは

渡辺謙にもオススメ!体を整える!サタプラ流3大健康法」

でした。

シニアの皆様のお正月後の体のお悩みの改善になるでしょうか。

■年末年始のむくみを改善!
むくみとは、「一般的に血管の中を流れている水分がしみだして、本来水が溜まってはいけいなスペースに溜まる現象」だそうです。

心臓から血液が全身に送りだされますが、その血液はまた心臓に送り戻されます。
足の部分の血液を心臓に送り返す役割をしているのはふくらはぎです。ふくらはぎがポンプの働きをして血液を循環させています。

足の筋肉のポンプ力が弱まってくると、足の血管の中に心臓に戻らなければいけない血液がたまります。その水分が外にしみだす。それが「むくみ」だそうです。

特に女性は生まれつき筋力が弱くポンプ作用が低下しむくみやすいそうです。

このむくみ解消には貧乏ゆすりが有効だそうです。
1回10秒を一日3セット行うことでむくみの予防になるそうです。

でも、私貧乏ゆすりする方、大嫌いなのです。
ダンナさんもたまに貧乏ゆすりをしますが、注意してすぐにやめてもらいます。

この他にも、むくみ解消法があるそうです!!

それは・・・

手のひら日光浴

だそうです。

pcfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

一日に約10分間手のひらを日光に当てるだけでよいそうです。
日光に当たることにより、ビタミンDが体内で生成され、血管や心臓の機能改善効果でむくみが解消されるそうです。

また、20分間日光浴すると”血圧を下げる”化合物が血液中に放出されるという研究も発表されているようです。

■悪い歩きグセが改善する?
ガニ股歩き
股関節周りの筋肉をうまく使えていないため、筋肉が弱っていく。
尿漏れの恐れ
⇒渡辺謙さんは、この歩き方でした♪

内股歩き
膝が内側を向いている。このまま歩き続けると膝が変形してしまう。
寝たきりの恐れ

モンローウォーク
お尻が左右に揺れて歩くのは中殿筋が弱っていることが原因。横方向に踏ん張ることができない。
転倒の恐れ

チョコチョコ歩き
後ろ足が伸びないため、地面をけり上げることができていない歩き方。筋肉をあまり使わないため、筋肉が衰え、基礎代謝が落ち、太りやすくなる。
肥満

これらの悪い歩き癖を治すには・・・

タオルを二つ折りにして、手に持ち腕の振りを見ながら歩きます。
この時、タオルが腕と平行にまっすぐになるように振ることが重要だそうです。

×腕の振りが小さくタオルが視界に入らない

×腕の振りが大きくタオルが折れ曲がる

だそうです。

■新年から冷え知らず!1分で血流アップ
・指先の冷え簡単チェック法
耳の穴に指を入れてみて、「冷たい」と感じれば指が冷えている証拠。

指先の冷えは脳梗塞の危険サインかもしれないそうです。

指先の冷えには、心身のストレスが隠れているそうです。
ストレスで血流が下がらり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすこともあるそうです。

ストレス

交感神経が優位に働く

血管が収縮

血流低下

指先が冷える

渡辺謙さんの指先の温度は、30°Cのやや冷え状態でした。

指の血流量が多いと、脳はリラックスした状態だと判断するそうです。
⇒意図的に指の血流量を上げることで、リラックスしていると脳が勘違いするそうです。

では、指先の血流量をあげるには?
「指先ピーン体操」

①椅子に深く座り、リラックスする。

②両肘を外に開き、肩の高さまで引き上げる。

③ひじを後ろに引き、肩甲骨を大きく動かす。
(ひじは水平に引き、肩より上がらないようにするのがポイント)

④息を吐きながら、手のひらを前に突き出し、指先を伸ばす。
(肩から手首までは一直線!指先は上に伸ばすのがポイント)

⑤この姿勢を5秒間キープ

以上を3セット繰り返せばOKだそうです。

これらを実践して、新年の体調を整えましょう(*^-^*)



■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする