シニア桂歌丸師匠 ”死ぬまで噺家”の執念

昨日のTBSテレビ 「あさチャン!」でシニア桂歌丸師匠の特集がありました。

rakugoka_oldman

入退院を繰り返しながらも、

死ぬまで噺家

の執念で、高座に上がられていました。

本来なら大トリをつとめられるところですが、体調をご配慮されて早いタイミングで登場されていました。

出演後は、すぐに車いすに乗られての移動。酸素吸入

普通なら、ベッドで寝ている状態だと思います。

なぜ、ここまで高座に戻ってこられるのでしょうか。

これが”死ぬまで噺家”への執念なのですね。

ご自身の状況ですら「ミイラだ」と自虐ネタにされるほどお元気で。

噺家というお仕事を、最後まで全うされる生き方。素敵だと感じました。


■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする