シニア 認知症サポーター制度のこと

「認知症サポーター」ってご存知ですか?

orangeband_people

■認知症サポーターとは

「認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を全国で養成し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んでいます。
認知症サポーター養成講座は、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小、中、高等学校の生徒など様々な方に受講いただいています。」(厚生労働省HPより

認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。(認知症サポーターキャラバンHPより

■認知症サポーターに期待されること

1 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
2 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
3 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
4 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
5 まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

厚生労働省HPより

■スポンサーリンク

■全国キャラバン・メイト連絡協議会

認知症サポートキャラバンの本部機能を担ってくださっている組織です。

全国キャラバン・メイト連絡協議会

■認知症サポーターキャラバンとは

全国キャラバン・メイト連絡協議会では、都道府県、市区町村など自治体と全国規模の企業・団体等と協催で認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイト)を養成します。養成されたキャラバン・メイトは自治体事務局等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催します。

現在のサポーター養成数等については「認知症サポーターの養成状況」をご覧ください。

認知症サポーターキャラバンHPより

■スポンサーリンク

*****************************************

現時点で

認知症サポーター数は合計 8,497,194人なのだそうです。(認知症サポーターキャラバンHPより

このような活動がすすんでいること、全然知りませんでした。

オレンジのバンドを付けている方・・・意識してみたことがありません。

確かに、前回のテレビの放送を見て「金スマ シニア認知症 地域支援システム」、認知症についてきちんと正しい知識を持つことは大切だと感じました。

少しずつでも知識を増やしていこうと思います。

■スポンサーリンク

■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする