シニアさんの人間関係

3月に入ってからも、毎週スーパー銭湯通いをしています。

昨日も朝から晩まで、スーパー銭湯で一日を過ごしてしまいました。

いくつもスーパー銭湯に通っていると、その銭湯の雰囲気や地域によって、客層が随分異なることを感じます。

比較的若いお客さんが多い銭湯では、お客さん同士の人間関係の距離が大きいです。

しかしシニア層のお客さんが多い銭湯では、全然知らない方なのによく声をかけて頂きます。

以前行った銭湯では、20分近くお話をさせて頂いたシニアさんがいらっしゃいます。

内容は、シニアさんの若かれし頃(疎開のお話し等)のお話でした。

夏場で、シニアさんは持参の氷水で水分補給されながらお話しされていたのですが、私は炎天下で水分も摂らずに話を聞いていたため、最後はフラフラになりながら

「ちょっとお水飲んできます」

と言って、お風呂をあがりました。
戦争中の貴重なお話を聞かせて頂きありがとうございました。

■スポンサーリンク

また、他の銭湯ではサウナに入っているときに氷をくださったシニアさんがいらっしゃいました。サウナ内の方全員に氷を配られていました。
そこの銭湯は、サウナへの氷持ち込みがOKのところでした。サウナで食べる氷って最高ですね(*^_^*)

sentou_sauna

昨日は、サウナ内でお声掛けいただきました。

塩サウナで、塩を身体に塗っていたら

「塩塗ってる?」

と、聞かれ

「はい、塗っています」

と、答えると

「背中塗ってあげる」

と、たっぷりの塩を背中に塗ってくださいました。

「ここの塩、とってもいいでしょ~」

と、気さくに話しかけてくださいました。
見ず知らずの私の背中をこすっていただき、ありがとうございました。

このフレンドリーな皆さまのお人柄は、シニアさんだから?大阪人だから?

それはよくわからないのですが、退屈なお風呂の時間を楽しませて頂いてありがとうございます<(_ _)>

■スポンサーリンク

■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする