シニア SNSからの安全対策

SNSに投稿された写真から、瞳に写った景色で地下アイドルの自宅を特定し、わいせつな行為をしてケガをさせたというニュースを見て、ゾッとしました。

そのニュースの流れで、あさチャンではSNSへの写真投稿の危険性についていくつか紹介がありました。

■スマホ撮影の「ピースサイン」指紋盗まれ犯罪の危険

高画質の写真をSNSにアップしてしまうと、「ピースサイン」の指部分から、指紋情報が盗まれる危険があるそうです。

そして、その指紋情報からニセの指紋テープを作り、スマホのログイン、自宅玄関の指紋ロック解除、銀行の指紋認証等に使われるというのです。

また、家の鍵なんかも、写真を拡大したら、スペアの鍵を作るのが可能なのだそうです。

■スポンサーリンク

■写真に潜む危険「ポスター」「マンホール」

何気ない日常の写真に、ちょっと写り込んでしまう情報。
選挙ポスターからは、住んでいる地域が。
マンホールには、場所を示す固有番号が入っていることがあるそうです。

瞳に映った写真で自宅が特定できるくらいなのですから、地域が絞られてしまうと・・・かなり危険ですよね。

**************************************

今のカメラはとても高性能なので、くっきりはっきり映った写真をそのままSNSに使用してしまうと危険なんですね。

SNSに使用する前に、画質を落として、くっきりはっきり見えないようにしてからSNSにアップしないといけませんね。

シニアの皆様、日々楽しい写真を撮られているかと思いますが、SNSへの投稿は十分にお気を付けください<(_ _)>

■スポンサーリンク

■シニアの皆様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように♪
↓このブログを気に入っていただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村